ゴルフスイング

ゴルフスイングで目指すところはこんな感じかな。

1.格好いいスイング
  格好悪いスイングだと変なところに力が入っているわけだし、
  何処かに必ず齟齬が出て、痛い目に遭う。
  格好良いスイングは無駄がない。

2.全てのクラブで同じスイング
  これ大事、素人の練習量じゃ色々やるのは無理。
  全部同じなら簡単でしょ。

3.常に同じスイング

4.軽くスイングして飛ぶ
  飛ぶか飛ばないかはヘッドへの力の伝え方だからね。
  軽く振っても、ヘッドが走ればボールは飛ぶ。
  それと軽く振るとミート率が上がる。

で、プロのスイングを見ていると、大まかに2通りあるみたい。
といっても、フォローが違う感じなので、ほとんど一緒だと思う。
それ以外は、その人の体格、癖や筋肉の付き方や量で、
スイングに多少の違いが出てくるだけだな。

要するにただ1種類のスイングをどのようにして再現させるか、
どのタイミングで、どこに力を入れてどうスイングしているかを教えるのが
ゴルフ雑誌やレッスンプロの使命だと思うけどね。
私のスイングは〜なんてのは愚の骨頂。

早いところ、正しいスイングをレッスンしないと
ゴルフをやる人がいなくなっちゃうぞ。

ゴルフは球に上手く当てる競技じゃないからね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント