燃費の意味が

三菱自動車の燃費不正の件で、国交省が調べてみたら、
カタログ値30.4km/Lだったのが、再計測したら25.8km/Lだったらしい。
中には、前型より悪くなっているのもあったんですと。

マスコミがこぞって悪質で大問題と書いているけど、
そもそも燃費の意味が判らない。

カタログに記載されている燃費通りになるなんて事は、
60km定値走行しても無理でしょ。

家の車だって、カタログには18km/Lとあるけどいつも10km。

その昔乗ってたスカイラインなんて6km/L、
四駆のミラージュなんて街中じゃ4km/Lだったからな。

勿論、高速を走れば10km/L位にはなる。

都内だと信号だらけの渋滞だらけ。
不正云々より、使用時とかけ離れた測定方法の燃費なんて、車を買うときに見てないでしょ。
無意味な燃費計測は止めたらいいんじゃない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント