先に打つかなぁ〜

JLPGAのサントリーレディースオープン。

最終組で1打差トップの姜秀衍選手はグリーンを外してエッジ。
最終組もう一人の堀琴音選手もほぼ同じ様な位置。
でも、少しだけ近くて、姜秀衍選手が打つ時に足の掛かる場所。

何を思ったか堀琴音選手が先に打った。
自分は優勝に関係ないから、スタンスの邪魔になる自分のボールを先にと思ったのか、
放送に見えないところで係員と話し合いがあったのかも知れないけど、
自分が優勝争いをしていたら、絶対に先に打つわけがない。

コイツ芋だな。

1打差で先に上がって待っている選手が3人もいて、
姜秀衍選手は結構緊張している。
ほぼ同じ位置から打ったから、間違いなく参考になる。

待っている選手にしてみれば、
「え〜、なんで先に打ってラインを教えるの〜」って感じ。

若いだけあって今風。
自分のこと以外は何も考えない。
だから、いつまで経っても勝てそうで勝てないんだよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント