m4/3は小ささが全て

多分、フルサイズカメラを購入する人は、
一眼レフ購入者の数%じゃないだろうか。
プロカメラマンは仕事だから当然としても、
そうでない場合はカメラおたくぐらいじゃない。
写真そっちのけで、カメラの性能云々を必至に語るのもそんな人達。

m4/3はセンサーが小さくて、フルサイズの換算だと焦点距離は1/2。
同じ焦点距離を半分で作れることになる。レンズの開口も小さくて済む。
ということは絶対的に小さなカメラが作れるんだな。

なのに、何故かオリンパスはここのところPROレンズに注力していて、
確かに写りは良いけど、m4/3の目指すところが間違っている。
コンデジより綺麗に撮したいというのはあるにしても、
フルサイズと同等になんてのはどうでもいい。
写りの比較をするためにカメラを買うわけじゃない。

m4/3の画質自体はPROレンズでなくても必要充分。
それでも気に入らなければAPS-Cなりフルサイズなりにすればいい。
無理にm4/3に固執してPROレンズにする意味はない。

m4/3の良さは小さいこと、それが全て。
PENの小さいタイプのバリエーションやパンケーキレンズの種類を増やす方が、
利用者は増えると思うんだけどね。

結局高級品を作る方が、儲けがあるということだな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント