使うか使わないかの狭間

レンズを変えてやろうかなどと思っているうちに、
使用中のカメラの使用頻度に疑問が。

昨年はカメラを持ち出すのが極端に少なかった。
E-M1は家の中や頼まれて撮影をする以外は防湿庫の中。
持って行くのは、いつもリビングのE-PL7の方。
レンズもPROレンズはほとんど使わなかった。

要するに、大きなカメラを持って出るのが面倒ということかな。
E-M1を持って出たい→PROレンズも必要になる→大きくてやめる、
と言う図式であったことは間違いない。
カメラよりPROレンズの大きさが気になるというのはあるけど。

E-M1なんてそんなに大きくないのに、どこで大きさを感じるかというと、
多分、ペンタ部分(カメラの上の出っ張り)ではなかろうか。
ペンタ部分があるだけで、思っているようなバッグやケースに納まらない。
つまり、ショルダーバッグでなくカメラバッグを持ち出す必要がでてくる。

例えば、車を出すのに何度も切り返しをして、
やっと出せる駐車場だったら、私は多分車に乗らない・・・そんな感じ。

それと一眼レフではなくレンジファインダースタイルが好きなんだな。

と言うことで、ゼロから考えるか。
でもそういうので現在と遜色がないのは、
ミラーレスのPEN-F、GX8、X-Pro2、X-E2、α6000程度で、
手振れ補正のあるのはPEN-FとGX8。
結局・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント