新しいエアコン

書斎にあった一番最初からある古いエアコンがこの前の冬に壊れた。

まあ、エアコン暖房はなくても何とかなるのでそのままにしていたけど、
流石に暑さはどうしようもない。

しょうがないので、暑くなる前に取り付け。
せっかく安く買えたのに、追加支払いの工事費がバカ高くて、
商品と標準工事費、取り外し代、リサイクル費用を含めた当初支払代金の
半分ぐらいかかった。そんなの先に言えよな。
_PL76061.jpg  Reproduction prohibited  禁転載 E-PL7+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
スポンサーサイト

必死

満員電車の中、乗換や降りる駅の通路、歩道、エレベーター、エスカレーター・・・

スマホに必死な。

何しているんだか。
一寸見えると、SNSやゲーム。

ふ〜ん。

次の本

「アキラとあきら」は読み終えたので、さてどうしよう。

本は読まなくてもいいんだけど、読み出すと読み続けていたい。

よくわからないので、賞を取った本を選択。
IMG_0086.jpg  Reproduction prohibited  禁転載 iPhone SE

風呂は死にました

一昨日の晩、シャワーを浴びていたら突然の風呂故障。
風呂が故障というのも何だけど、要はシャワーとカランの水栓が、
切り替えもできないし、止まらなくなったんですな。

以前にも似たようなことがあって、その時は今回とは別の足し湯用の水栓。
蛇口を掃除したら突然復活して事なきを得たが今回はアウト。

そういえば、前回の時に呼んだ水のトラブルの会社は元栓を止めただけ。
まったく直せず、どうして良いかも判らず、役に立たない。

こういう場合、普通ならパッキンもしくは蛇口の交換だけで済む。
ただユニットバスが今はなきミカド製なので既に部品がなく、
しかも互換性が全くないので、やばい感じ。

頭をよぎるのは水栓の故障だけでのユニットバス総取っ替えせざるを得ない最低のシナリオ。

そして、前回の轍を踏まないよう、奥さんが風呂修理の専門会社へ連絡。
家に帰ったら、水栓とその周りの化粧部分が全て撤去されていた。
化粧部分は黒っぽかったので、バスルームが明るく広くなった感じ。

今日、水栓部分を新設するとのことで、ユニットバスの交換は避けられた。
工事が終了してからでないと安心はできないが、とりあえず死ななかっただ。

読書

読み終わると処分される本達。

池波正太郎、山本周五郎、藤沢周平などは又読むので全巻本棚にあるけど、
その他の小説や新しい書籍は、又読むということがほとんどない。

それでももったいないから、今回は紙ではなくて、ネットで購入してみた。
未だ、ネットに全部の書籍があるわけじゃないので、紙で買う場合も多々ある。

これですな。池井戸潤の新作。
文庫として売り出したらしいんだけど、1080円と割と高価だなぁと思っていた。
でも先日本屋で見たら、その金額に見合う、ブックカバーを掛けられないぐらいの厚みで、
とてもじゃないが電車の中で開いて読めない感じ。
_PL75987.jpg  Reproduction prohibited  禁転載 E-PL7+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ